Waveメインページ > Used Instruments > used-tb-Bach 42K


<V.Bach Trombone / バック トロンボーン>

U.S.A.

この楽器はプロ奏者の試奏検品を受けています

V.Bach Trombone 42K (USED/中古品)

Bb-F / Yellow Brass Bell / K-valve / Midium wide Yellow Slide

製造終了商品
WAVE 税込販売価格
¥244,620-

バックが自社デザインとして開発したのがKバルブです

ある時期の自社トロンボーンに搭載されました。

今となっては手に入りにくく、希少価値すら感じられます。

Bachファンにとっては貴重な一本となりそうです。

v.bach-42k_bell
v.bach-42k_backside
v.bach-42k_grip
v.bach-42k_engrave
v.bach-42k
v.bach-42k_k-valve
v.bach-42k_slide
v.bach-42k_tuning
v.bach-42k_case

試奏・検品レポート

トロンボーン奏者  伊礼 みちか 氏

ireimichika

私はずっとバックを吹き続けてきているのですが、今回試奏したBach-42Kは初めて試奏させてもらいました。
少し大きめのバルブは息の通りが良いものでした。適度な抵抗感があるために、息が持って行かれてしまうような、すっぽ抜けるような感じにはなりません。解放のBbだけでなくF管を使用した際にも同じような抵抗感で吹き込むことができました。そして唇が振動したものが素直に音になってくれているようで、いわゆる息と鳴りの効率がとても良いと思いました。そして反応の良さも感じます。pで軽く発音した際にもきれいに音になってくれます。
F管を利用した替えポジションなども試してみましたが、音色や抵抗感の大きな違いも感じず、素直に使用してゆくことができそうです。
肝心な音色はまさしくバックです。私も体に染み付いているこの音色がとても好きです。しかも音抜けの良さが魅力です。
この楽器は取り立てて変なクセも感じつことなく、全体的にバランス良く鳴ってくれたと思います。スライドやKバルブの動きも問題ありません。唯一このKバルブの底辺部分が首に当たるのが気になる奏者もいるかもしれません。付属しているスライドの幅がミディアムワイドのスライドなのでバルブの位置がどうしても奏者に接近するのだと思います。普段自分が吹いている楽器のワイドスライドに交換してみましたが、その点では少し改善されます。ワイドスライドでの音色は少し違いが出てきます。少しオープンなサウンドになると言えば良いでしょうか。付属のスライドの良いところは音の密度がしっかり感じられ、この音色はとても魅力的なのです。このバルブや音色のことを理解した上で、今や絶版となっているKバルブを楽しまれてはいかがでしょうか。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.