Waveメインページ > Used Instruments > used-tb-king6B


<KING Trombone / キング トロンボーン>

U.S.A.

この楽器はプロ奏者の試奏検品を受けています

KING Trombone SilverTone (USED/中古品)

Bb / 7-1/4" Sterling Silver Bell / Gold Brass Outer Slide

ビンテージ 1930年代前半製造
WAVE 税込販売価格
¥261,360-

KINGという名器を生み出したH.N.White社。

その後の2Bの前身となるモデルですが、とても美しいスタイルです。

銀ベルの特徴であるしっかりした音像と伸びのある音色は魅力です。

まだまだこれからシルバートーンを楽しめる状態です。

king-silvertone_engrave
king-silvertone_balancer
king-silvertone_backside
king-silvertone_bell
king-silvertone
king-silvertone_grip
king-silvertone_slide
king-silvertone_tuning
king-silvertone_case

試奏・検品レポート

ジャズトロンボーン奏者  高橋 朋史 氏

king-silvertone

私が普段愛用している楽器もKING SilverToneですが、こちらの楽器の方が少し年代が前のもののようです。ビンテージの部類に入るこの楽器が、まだ現役の楽器として使用してゆくことができるのはありがたいことです。
スライドとベルの接続部分やスライドのストッパーのパーツが無いので扱いには注意が必要ですが、逆を言えば余計なものがないのでシンプルに楽器の鳴りを楽しめるのかもしれません。
まず試奏してすぐにベルの重みを感じます。しっかりしたシルバーベルを鳴らすことへの試行錯誤が始まります。そこも楽しみの一つなのですが、がむしゃらに息を吹き込んでもこの楽器の良い鳴りは得られません。常に丁寧にしっかりとした息の柱を作って鳴らしてみてほしいです。鳴り始めるとこのシルバーベルから作り出されるサウンドは充実していて前に出るエネルギーを感じます。いわゆる遠鳴りするサウンドであることは間違いありません。
同じシルバーベルでも時代によって少しずつそのサウンドは違っていると思います。この楽器のものは幅のある説得力のあるサウンドですが、奏者のイメージする良い音作りを楽しんで行ってほしいと思います。この楽器をしばらく吹いて慣れ親しんできた頃にこの楽器の良さをじわじわと感じることができました。この楽器の生まれた頃の音楽シーンで奏者たちがどのようにこの楽器を鳴らしてきたのか考えながら吹いてみるとワクワクしてきました。最近の楽器が良くも悪くも鳴らしやすく扱いやすいものばかりですので、ある意味没個性を感じてしまうこともあります。この楽器ははっきりとした個性があります。その個性を楽しめれば最高です。
全体的に鳴りムラは感じませんでした。それでも鳴らしきるまでには慣れも必要です。スライドは現代の技術で作られたものではないので少々の渋さも残ります。でもこの楽器の存在意義は十分に現代の音楽シーンでもあります。個性を生かすか殺すかは奏者次第であると言い切ります。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.